メンズビゲン 商品一覧

ヘアカラーリングQ&A

お客さまから多く寄せられるご質問への回答を集めました。

全商品共通Q&A

Q.白髪染めが抜け毛を引き起こすことはありますか?
A

通常の使用では、白髪染めやヘアカラーが抜け毛を引き起こすことはありません。なぜならこれらの薬剤は、抜け毛と関係の深い毛根にほとんど作用しないからです。ただし、まれに白髪染めやヘアカラーによるアレルギー反応や頭皮の炎症などが原因で抜け毛が起こることがあります。使用前には必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行い、万一症状が出た場合は速やかに医師の適切な治療を受けてください。

Q.男性用と女性用の商品にはどのような違いがありますか? 異性用を使ってもよいのですか?
A

男性、女性用とも基本的な成分に差はありませんが、色味や風合いなどについて、それぞれに好まれる仕上がりになるように作られています。
また、一般的に男性は髪が短い方が多いため、ブラシやコームなどの塗布具は短髪に合わせた設計になっています。

Q.皮膚アレルギー試験(パッチテスト)って何ですか?
A

・ヘアカラーの染料は、人によってはアレルギー反応を起こすことがあります。
・ヘアカラーを使用してかぶれた経験(かゆくなった、赤くなった、腫れたなど)がある方は、今後ヘアカラーは使わないでください。
・ヘアカラーの使用前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。
・パッチテストの時、ヘアカラーの塗布部(薬剤をつけたところ)に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常があった場合は体質にあわず、皮膚トラブルになることもありますので、直ちに混合クリームを洗い落として使用を中止してください。
※カラーリンスはパッチテストは必要ありません。

Q.顔そり直後にヘアカラーしてもいいですか?
A

顔そり直後は染めないでください。皮膚が細かく傷ついているおそれがあり、刺激を受けやすくなるからです。

Q.整髪料や汚れが多量についている場合は洗髪してから染めた方がいいですか?
A

髪の汚れがひどいときや整髪料を多めに使用しているとき、一時着色料や金属粉などが髪についているときは、洗髪してから使用してください。
染める当日に洗髪する場合は、髪がぬれていると薬剤がたれて目にはいったり、染まりが悪くなることがありますので、しっかりと髪を乾かしてから使用してください。

Q.専用ブラシを使用して染める場合、根元までしっかり染めるコツはありますか?
A

髪をタテ、ヨコ、ナナメなどいろいろな方向で、専用ブラシ上の1剤と2剤がよく混ざるようにとかしつけると塗り残しがなくなります。耳の周りなどは塗り残ししやすい部分ですので、髪に薬剤がしっかりついているのを確認しましょう。ある程度の長さがある場合は、細かく分け目をつけながら根元まで薬剤がつくように塗っていくのがポイントです。

Q.専用ブラシを使用して染める場合、後ろを染める時の注意点はありますか?
A

ブラシを速く動かすと、勢いで薬剤が飛び散ってしまいますので、後頭部はゆっくりとブラシを動かしましょう。また、下から上へむけてとかすと薬剤がはじかれ周囲に飛び散りますので、上から下へとかしてください。薬剤が壁や床につくと落ちにくくなります。あらかじめ床や洗面台には新聞紙などを敷いておくのを お忘れなく。

Q.染めた後に注意することはありますか?
A

髪を濡れた状態のままにしておくと色が落ち、大事な衣類に色が移ってしまいます。髪が完全に乾けば色が落ちる事はないので、髪が濡れたらなるべく速く乾かしましょう。

【こんな時はご用心】
・シャンプーした後髪が濡れたまま寝ると枕カバーにも色がついてしまいます。汚れてもいいタオルを敷きましょう。

・雨に濡れた時、スポーツなどで汗をたくさんかいた時、プールや海で泳いだ時特にシャツの衿や帽子の内側など、気づかないうちに色が移ってしまうことがあります。ついた色は塩素系や還元系の漂白剤でないと落とせません。心配な方は、あらかじめ塩素系漂白剤が使える白いシャツを着ておくのもひとつの方法です。

Q.今後、どれくらいの頻度で染めたらいいですか?
A

ヘアカラーは3週間~1ヶ月に一度位の頻度で染めることをお勧めします。白髪が部分的に気になったら、いつでも使うことができます。耳周りや、髪の分け目の新しく生えてきた白髪はカラーリングした髪との段差が目立ちやすい部分です。髪の毛は、月平均1~1.5cm伸びますので、定期的なヘアカラーリングを行うことが、きれいな髪を保つポイントです。
カラーリンスは約5日(回)連続でご使用いただくと、白髪が徐々に目立たなくなります。
(その後は、週に約2回~3回を目安にご使用ください。)

Q.シャンプーは今までどおりでいいですか?
A

ヘアカラー後はヘアカラーリング専用のシャンプーを使うことをおすすめしますが、無い場合は普段お使いのシャンプーをお使いいただけます。 ただし石けん成分のシャンプーは、染料が落ちやすいためご使用はおすすめしません。

Q.染めた後に、育毛剤やスタイリング剤は使ってもいいですか?
A

ムース、スプレー、ミストなどの整髪剤は、かまいませんが、トニックや育毛剤はまれに色落ちすることがあります。ヘアカラーリングをした後、1週間くらいは、念のため使用を避けてください。

グレーヘアQ&A

Q.女性が使用しても大丈夫ですか?
A

ヘアカラーは男性用、女性用とも基本的な成分に差はありませんので使用して頂いて問題ありません。ただし、一般的に男性の方は髪が短いため、ブラシやコームなどの塗布具は短髪に合わせた設計になっています。

Q.現在、白髪染めをしています。『グレーヘア』を使用するとグレーになりますか?
A

ヘアカラー(白髪染め)やヘアマニキュアなどで染めた髪を、グレーにしたり、その色より明るく染め変えることはできません。
伸びてきた白髪を徐々にグレーに染める方法をおすすめします。
※上手にグレーに染める方法はこちら

Q.「多めの白髪」とはどの程度の白髪量ですか。また、白髪が少ない人が使用した場合、どのような仕上がりになりますか?
A

「多めの白髪」とは、白髪が黒髪より多い状態をさしています。
また、白髪量が少ない方が使用された場合、染毛前後で変化感が少ない、あるいは使用前よりも暗い印象に仕上がる可能性があります。
白髪が黒髪より多い方におすすめの商品です。

Q.現在、パーマをかけています。何か影響はありますか。
A

この商品は、パーマネントウェーブをかけている髪へは染まりすぎて、暗い色になる傾向にあります。
パーマネントウェーブをかけている部分が生え変わってからのご使用をおすすめします。

Q.5分以上放置すると、どのような仕上がりになりますか。
A

長く放置しずぎると、暗く染まることがありますので、設定の時間をお守りください。

ページのトップへ戻る